現在の閲覧者数: 攻略3、J防止について - サカモトのブログ
FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略3、J防止について

今まで対空の話をしてきましたがそれに通ずるJ防止技について書きます。

ゲームスピードが早いXIIIで相手のJを対空技で全部落とすなんて上級者でも不可能です。
それに失敗した場合を考えると効率が悪いですね、なのでJ防止技をほどほどに振りましょう。

J防止と言ってもキャラによって使い勝手の良さが違います、またキャラ相性によって効果的なものも変わってきます。
例を挙げると
京の立ちDはカラテやタクマが動こうとしたり跳ぼうとしたところに引っかかりやすいですね。
他にも京の場合はリーチが心もとなく、またでかキャラ以外のしゃがみには当たらないけど近距離でJ防止する立ちA、これは相手がこちらに小、中Jをしてくるかな?と思ったときや動こうとしたところを先に置いておきJのでがかりを潰す意図で出します。
下に挙げる一例も同様の目的でJ防止技を出します。
間合いを読み間違えると大変なことになるので何度も実践で有効な距離を覚えましょう。

J防止技の一例です↓

紅丸の立ちB、大門やマキシマやライデンの立ちA、テリーの立ちA、Kの立ちA、リョウの立ちA、アテナやキムの立ちB、バイスの立ちAと立ちBなどなど。

なぜこういうJ防止技の話しをするかというと基本的にはリスクが低いからです。そのため一部そこから追撃できるキャラを除きリターンもそれほど高くはありません。
しかしリスクも低く咎めるのはとても難しく必要な行動だからです。
今回は弱攻撃のみのJ防止技を紹介しましたが、弱攻撃は威力が低い分技全体の硬直が短めに設定されているため相手に触れさせガードさせれば返す手段が無い安定行動だからです(一部反撃が確定するものもあるので要注意です)
仮に弱攻撃が相手に当たらなかったとしてもやはり咎めるのは難しいです、が信頼しすぎてもいけませんバランスが大切です。

理想は相手をJ防止技でほどよく動きを封じてからこちらが先に連続技を当てることですね!
J防止技で相手の跳びのでがかりを落とせたら、ダッシュで間合いを詰めて小足や中段の択をかけるもよし、リバサの昇竜やコマ投げか前転後転を予測してコンボを狙うもよしです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サカモト

Author:サカモト
どうも、このページを見て頂きありがとうございます。
主にKOF XIVに関する攻略や雑談など魔法の○らんど的にマイペース更新。
現在はXIVの攻略をメインに扱っています。

過去はXIIIを少し扱っていました。家庭用発売は2011年12月1日、アーケード版は2012年の4月から稼動したゲームです。
既に攻略サイトはいくつもありますが自分なりに記事を書いてみたいと思います。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。