現在の閲覧者数: 雑記2 - サカモトのブログ
FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記2

どうも、今回は攻略か怪しいけど関係しそうな話を書いていきます。

上達していくのに必要なのは対戦を多くやることも大切ですがただ多くやるだけではいまいち成果に結びつきません。
対戦をしていく中でどこが上手く出来ているか、逆にどこが出来ていないかを自分で認識し何度も考える必要があります。
考えるのは対戦中ではなく、むしろ対戦をしていないときにこそたくさん考えなければいけません。
対戦は始まる前に決しています(つまりどれだけ前準備が出来たかということです)
自分の経験からですが自分の試合を見返したり対戦が出来なくてもプラクティスで調べられることはとてもたくさんあります。
強い人は勝つべくして勝っているので勝率が高いのです。

特に注力してほしいと思うことは
●取りこぼしを減らす
●自分の使用キャラのセットプレイを調べる、そして毎回通ればコンボを決めてまとまったダメージが取れる2択をしかける。

まず先に挙げた取りこぼしを減らすにはどうしたらいいか。
大雑把で良いのでやるべき行動を対戦前に粗方決めておきましょう。
初歩的なことですが相手が昇竜など空振り隙が大きいときは強攻撃からゲージを使うコンボ、なんなら発動して倒しきるか相手の体力を半分くらい減らしましょう(余裕があれば小、中J攻撃から強攻撃を出しましょう)
慣れるまでオーバーキルでも構いません。毎回確実に決めること、失敗を減らしていくことが大切です。
相手に当たるか分からずガードされるかもしれないときは弱攻撃2発で確認できるようにしましょう。
実は従来のKOFでは弱攻撃→特殊技→必殺技の必殺技を相手にガードされているのに出し切ると、特殊技にガーキャン前転でフルコンを決められてしまうケースが多いです(例外もあります)
13では弱攻撃3、4発で確認できるキャラもいるためこのように多く刻めるキャラはヒット確認がやりやすいです。

続いてセットプレイについてです。
いくつか例を挙げます。
カラテの通常投げ→先行入力ダッシュ→通常JDの表裏択、キムの2B→5B→66A→空中半月からの小J、バイスのゴアフェスト→小J2回。

少し訂正するとこれらを毎回するべきという訳ではありませんがこれらは状況によっては安全に攻められるし通れば大ダメージが期待出来て攻めを継続することが出来ます。
キムやバイスの詐欺とびは相手キャラによっては無敵投げで返されてしまう、やる必要のないじゃんけんをしかけることになります(それでも自分はやることがありますが^^;)
要は通ればでかい行動やリスクを抑えた安定行動を知る、自分が毎回どうしてその行動を取ったのか自問自答して納得できるとまた1段階強くなれると思います。

余談ですが詐欺とびを仕掛けられている側が毎回判別するのは難しいことだと思います。
1回セットプレイを見せたら次は違う行動をしてみると相手も対応しづらくなります。
カラテの場合は通常Jを中Jに変えるとかですね。

ここで書いていることの大半は受け売りです。
長くなったので今回はここで終わります。
20110629203205d2b.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サカモト

Author:サカモト
どうも、このページを見て頂きありがとうございます。
主にKOF XIVに関する攻略や雑談など魔法の○らんど的にマイペース更新。
現在はXIVの攻略をメインに扱っています。

過去はXIIIを少し扱っていました。家庭用発売は2011年12月1日、アーケード版は2012年の4月から稼動したゲームです。
既に攻略サイトはいくつもありますが自分なりに記事を書いてみたいと思います。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。